m字はげで前髪が薄いなら薄毛治療にクリニック|はげをなんとかしたい

m字はげで前髪が薄いなら薄毛治療にクリニック|はげをなんとかしたい

はげの治療は早めに受けよう

男性の場合、男性ホルモンの影響により若い年代でもはげになる可能性があります。そのような状態を、男性型脱毛症と言います。適切な治療を受けなければ、はげの部分がどんどん広がってしまいます。対処法としては、自分で行う方法とクリニックで行う方法とがあります。自分で行う方法としては、ドラッグストアや通販ショップで販売されている育毛剤や発毛剤を使用する、サプリメントを使用するという方法があります。これらの製品は気軽に使用することが出来るというメリットがありますが、全ての人に効果があるとは限りません。
一方のクリニックでの治療については、一人ひとりの頭皮や生活習慣などを考慮して治療が行われますので、育毛効果を得ることが出来ます。クリニックでの治療は、頭皮環境を整えるとともに男性ホルモンに作用するような医薬品を使用するということが中心となります。医薬品は一般的な薬局などでは購入することが出来ません。個人輸入するという方法もあります。クリニックで購入するよりも安く購入することが出来ますが、必ずしもそれが正規の医薬品であるか分かりませんので、安心して使用するためには医療機関でしっかりと診療を受けることが大切になります。

薄毛は遺伝するのか

自分の親が薄毛だったり、剥げていたりすると、いつか自分もそうなってしまうのではないかと不安に思う方が多いですね。
確かに体質は遺伝することが多いので、親が太っていると子供も太っていたりしますね。
薄毛の場合は必ず遺伝するとまではいえませんが、AGAの場合は男性ホルモンの分泌過多が原因ですから、自分も男性ホルモンの分泌過多である可能性が高くはなります。
ホルモンは自分の意志で増やしたり減らしたりすることはできないので、薄毛かもしれないと思ったら適切な治療を受けることが必要です。
予防として、髪が少なくないうちからノコギリヤシなどのサプリを飲んでおくのもいいかもしれませんね。
ノコギリヤシは男性ホルモンの分泌を抑制する働きがあるとされ、薄毛だけでなく、肌荒れや体毛抑制のために飲んでいる方も多いようです。
女性の場合はAGA治療薬のプロペシアが処方できないことになっているので、女性の薄毛にはこのサプリが役に立つでしょう。
これと併せてイソフラボンのサプリも服用すれば、女性ホルモンの作用を助けるので相乗効果が得られる可能性が高まります。
ただ、ホルモンと全く関係ない原因の薄毛なら効果がないので、スカルプケアも併せて行うことをおすすめします。